名古屋発! 鹿児島観光 オススメ格安航空会社

img_1972_s

この記事では、名古屋から鹿児島まで搭乗する場合の、お勧めの格安航空会社について紹介いたします。交通費用を安く抑えられるのはもちろんのこと、サービスの質にも定評のある航空会社をピックアップしています。格安航空会社を活用すれば、万単位の節約につながることもありますよ。さて、どの航空会社で鹿児島まで行けばいいのでしょうか。

一番安い!? ジェットスター

ジェットスターという名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。近年人気を集めている格安航空会社で、格安航空会社のなかでも特に安いと評判を集めています。
フライト料金は、片道約7,000円程度が相場です。コンビ二で航空券を予約することもでき、その手軽さからも人気を集めています。基本的に1日2本の運航と数は少ないですが、激安価格であるため時間を合わせて利用したい航空会社になります。

ANA(全日本空輸)

ANAと聞くと、あまり格安航空会社のイメージを持てない方も多いのではないでしょうか。ANAは日本を代表する航空会社で、古くから実績のある老舗企業です。国内便、国際便ともに、かなりの本数を飛ばしています。
そんなANAは、名古屋発鹿児島行き便もフライトさせており、比較的格安の値段で運航されています。普通運賃はジェットスターよりも高くなってしまいますが、早割制度などを使用すると、片道が10,000円未満に抑えられることもあります。

ジェットスターとANAの2社のみ

名古屋(中部国際空港セントレア)→鹿児島の直行便は、現在のところジェットスターとANAの2社のみの運航となっています。
skyticketやトラベルコちゃんなどのサイトで、日ごとの最安料金を割り出すことができるので、より安い航空会社を利用する方法が賢いと言えます。
サービスの質は、イメージとしてはANAの方が上質に感じられます。しかし、ジェットスターのサービスも普通によく、よほど神経質でなければANAと大差なく感じられるでしょう。

まとめ

名古屋(中部国際空港)→鹿児島のルートを、格安航空会社で行く場合、ジェットスターとANAの二者択一となります。
普通運賃は、ジェットスターの方が安く、場合によっては片道7,000円程度で鹿児島まで行けてしまいます。しかし、ANAも早割制度を利用するなどすれば、片道10,000円未満になることもあります。
どちらのサービスの質も上等なため、先ほど紹介したサイトで格安な航空券を販売しており、その日の最安運賃を割り出すことで、より格安価格でフライトをすることができるでしょう。

オススメ情報

skyticketは航空券が格安で販売

名古屋発 鹿児島便 所要時間はどのくらい?

名古屋から鹿児島まで、飛行機を使って移動する場合、どのくらいの時間がかかってしまうのでしょうか。

所要時間は1時間30分程度

名古屋(中部国際空港セントレア)発鹿児島便の所要時間は、片道約1時間30分程度と考えておいてください。意外と早いもので、あっという間に到着してしまいます。
以前、出張先の会議に出席するために、名古屋から鹿児島まで飛行機を利用して行きました。前日は疲れて寝てしまったので、当日飛行機のなかで仕事の書類を読んでおこうと思ったのですが、本当にすぐ着いてしまう印象です。

どの航空会社も所要時間に変わりはない

名古屋(中部国際空港)発鹿児島便以外にも言えることですが、直行便であれば同じ航路の所要時間に大差はありません。あっても、数10分程度です。
よく、「いくら格安航空でも移動時間が長かったらあまり価値がないかも」という悩みを受けます。しかし、安いからといって、到着まで大幅に時間がかかるということはありません。新幹線であれば、速度や停車駅が少ない分、在来線より早く着きます。しかし、飛行機は、速度もほぼ同じ、停車駅もないため、飛行機によって時間がかかるということはないのです。

電車移動よりも楽!?

名古屋から鹿児島までの交通機関として、飛行機か鉄道かという選択に迫られている方も多いのではないでしょうか。しかし、絶対に飛行機のほうが効率よく時間を使えます。
名古屋から鹿児島まで、新幹線などを使うと5時間程度もの時間を要してしまいます。また、交通料金も20,000円以上かかってしまいます。ジェットスター飛行機であれば、1時間30分、10,000円未満で行けてしまいますからね。時間、費用ともに飛行機に軍配が上がります。

確かに、飛行機は予約が面倒であったり、搭乗手続きが面倒であったりと、敬遠しがちです。しかし、このような印象は先入観である場合が多く、一度飛行機を利用してみると、意外と楽であることがわかるでしょう。敬遠しないで、思い切って飛行機を利用してもらいたいものです。

まとめ

どの航空会社を使っても、同じルートであれば、移動時間に大差は生じません。飛行機で、名古屋(中部国際空港)→鹿児島をフライトする場合、片道約1時間30分程度の時間を要します。時間、値段価格ともに、鉄道よりも飛行機のほうが早(安)いため、飛行機を利用するルートが効率的といえます。

鹿児島県内のお勧め観光名所

格安航空で鹿児島まで行くことができれば、現地での観光も少し豪華にすることができます。さて、鹿児島には、どのような観光スポットがあるのでしょうか。

鹿児島の象徴 桜島

鹿児島と言えば、桜島なのではないでしょうか。鹿児島港から定期船が出ているため、気軽に足を運ぶことができます。桜島内は道路が一周しているため、ドライブを楽しむこともできますよ。温泉や公園、展望台などがたくさんあるため、事前にガイドブックなどで確かめておくと、有意義な時間を過ごすことができます。もちろん、宿泊ホテルやカフェ、飲食店などもあるため、鹿児島観光の拠点にすることもできるでしょう。

パワースポット 霧島神宮

霧島神宮を、普通の神社だと思ってはいけません。霧島神宮の境内を潜ると、とても神秘的な雰囲気を感じることができるでしょう。事前にガイドブックなどで確認するよりも、はるかに迫力のある神社です。特に、立派な屋根と、赤い風貌は、強く生きていくことを教えられているような気にさえなります。パワースポットとしても人気で、春に来れば桜を楽しむこともできます。

世界遺産 屋久島

屋久島は、沖縄でも感じることのできないような、自然的な風景が広がっていますよ。鹿児島と聞くと、九州最南端をイメージする方も、多いのではないでしょうか。しかし、鹿児島の魅力は、離島にもあります。特に、種子島や屋久島は有名ですね。
屋久島は世界自然遺産にも登録されており、独特な風景が広がっています。ちなみに、縄文杉へは気軽な気持ちで行ってはいけません。相当に体力を使います。とは言っても、屋久島では人も生活しており、車や歩いていける名所もたくさんあるので、数日かけて周りたい島です。

まとめ

この記事では、鹿児島県内のお勧め観光スポットとして、『桜島』『霧島神宮』『屋久島』を紹介してきました。
桜島は、鹿児島の象徴的風景で、鹿児島港から簡単に行くことができます。島内には色々なスポットがあるので、時間をかけて楽しむことができます。
霧島神宮は、パワースポットとして定評があります。立派な外観が出迎えてくれて、「鹿児島まで来てよかった」という気持ちにさせてくれるでしょう。また、世界遺産である屋久島も、鹿児島の人気スポットです。とても壮大な自然を堪能することができ、生きているうちに一度は行っておきたいスポットと言えます。

鹿児島旅行 お勧めグルメ紹介

鹿児島旅行の楽しみ方は、観光だけではありません。鹿児島市内では、さまざまな郷土料理が提供されており、ぜひ食しておきたいものです。どのような料理が、人気なのでしょうか。

黒豚料

黒豚は、鹿児島の定番郷土料理です。高級食材なイメージがありますが、鹿児島駅周辺などでは、比較的安く提供している飲食店もあります。
黒豚料理のアイデアも、お店それぞれです。ランチ価格で手軽に食べられるお店もあります。そんな黒豚料理のなかで、私がお勧めするメニューが、『黒豚しゃぶしゃぶ』です。これ以上にないほど、黒豚本来の風味を堪能することができ、「さすが鹿児島!さすが黒豚!」と言った印象を受けることができます。
さまざまな黒豚料理が提供されている鹿児島県。あなたもお気に入りの黒豚メニューを見つけてみてください。

さつま揚げ

さつま揚げは、日本全国で食べられている料理です。中国から伝わるときに、沖縄→薩摩半島(鹿児島県)を通って伝わったことが、名称の理由とも言われています。
もちろん現在でも、鹿児島県内では、さつま揚げが名物料理となっており、多くの観光客に親しまれています。値段も安いですからね。いろいろなお店のさつま揚げを食べ比べてみるのも、面白いかもしれません。できれば、揚げたてを食してみてください。スーパーに売っているような冷えているものとは、全く違う食べ物のように思えてくるでしょう。

魚介類

鹿児島周辺の海で漁獲された魚も、せっかくですから食べてみてください。鹿児島で水揚げされた魚を、新鮮な状態で食べられる場所は、鹿児島だけなのではないでしょうか。
魚料理のなかでも、特に刺身がお勧めです。刺身ほど魚本来の味を楽しめる調理法はありませんよ。鹿児島の中心地は鹿児島市ですが、漁港からもほど近く、新鮮な魚を提供するレストランがたくさんあります。お酒、特に芋焼酎なんかと一緒に食べると最高な気分になれるでしょう。

まとめ

この記事では、鹿児島県のお勧めグルメについて紹介いたしました。絶対に食べておきたいものは、何と言っても黒豚でしょう。鹿児島県内には、黒豚を提供する飲食店がたくさんあります。特に、黒豚しゃぶしゃぶがお勧めです。
また、さつま揚げも有名です。個売りを行っているお店もありますので、食べ歩きをするのもいいですね。
鹿児島でとれた魚介類を、新鮮なうちに食べるというのも、鹿児島ならではの楽しみ方です。特に、刺身として食べると、おいしくいただけます。

鹿児島旅行 おススメのお土産

旅行をしたら、ぜひお土産を買って贈りましょう。楽しんだ旅行先の名物を知人に贈るというのは、とてもワクワクするものです。さて、鹿児島のお土産は、どのようなものが有名なのでしょうか。

黒豚肉まん(黒ぶた侍)

鹿児島の名物である黒豚。できればこの黒豚を、お土産としても贈りたいものです。高級食材としてのイメージも強い黒豚です。絶対に喜ばれること、間違いありません。そんな黒豚土産として人気を集めている品が、『黒豚にくまん』です。もちろん、肉まんのなかには、黒豚が入っています。また、肉まんと言えども、色が黒いところが特徴的です。本当に黒豚らしく、味デザインともに鹿児島土産として最適です。肉まんには顔が描かれており、とても「可愛い」と評判で、女性向けのお土産としても人気を集めています。

さつま揚げ

鹿児島名物さつま揚げも、お土産として最適です。値段価格の割には味も本格的で、個数も選択できるため、贈る家族のニーズにあった量を贈ることができます。鹿児島空港内で購入することもできるため、時間がなくとも効率よくお土産を購入することができます。鹿児島市内には楽しめるスポットがたくさんあり、お土産を買う時間を確保できないこともあります。そんなときは、ぜひ空港のお土産コーナーを活用してみてください。

芋焼酎

鹿児島のお酒と言えば、芋焼酎なのではないでしょうか。本州などでも購入することはできますが、馴染み深いものではなく、種類もあまりありません。
鹿児島県内では、さまざまな種類の芋焼酎が販売されており、お土産として贈れば、きっと喜ばれることでしょう。お酒というと、ビールとかワインにいってしまいがちですからね。芋焼酎を贈られると、とても新鮮な気持ちになり、あなたの評価も上がるかもしれません。

まとめ

この記事では、鹿児島土産のお勧めについて、紹介いたしました。鹿児島土産として、最もお勧めしたい商品が、黒豚肉まんです。黒豚デザインがとてもかわいい肉まんで、中にはもちろん黒豚が入っています。
また、さつま揚げも、人気土産のひとつです。鹿児島の名物料理であるさつま揚げを、ぜひお土産としても贈ってみましょう。
お酒好きの方には、本場鹿児島の芋焼酎を贈るのもありです。おそらく馴染みのないお酒でしょうから、記憶にも残るお土産となるでしょう。